Earthcolor Wedding アースカラーウエディング

山奥の廃校を利用し、1泊2日のアウトドアウェディングをプランナーなしで計画・実行した夫婦。もっと自由に自分達らしい結婚式をしたい!と悩むプレ花嫁婿さん達を応援するため、素人による結婚式の作り方を記録していきます。 【ヨシキ(27)】世界の祭りを巡る元バックパッカー。基本せっかちで新しいもん好き。仲間と自然をこよなく愛し、常に面白いことを探している。 【カオリ(30)】平和を好む普通の主婦。心が広すぎるがゆえに夫婦の方向性はぶっ飛び旦那の思うがままだが、実はその状況を誰よりも楽しんでいる^^

結婚式のコンセプトの作り方

さあ!結婚式のコンテンツを考えようっとなると

してみたいことや挑戦したいことが、なんとなく頭に浮かぶかと思います。

f:id:kaimon315:20171001162854j:plain

TV、雑誌、WEB、、、

いろんなところで結婚式の情報に触れてざっくりとしたイメージは持っている。

 

でも、いざ流れをイメージするとバラバラでまとまりがない。

やりたいことを羅列しただけの結婚式になってしまいそう、、、

 

ただの自己満足 になってしまわないか?

ゲストのみんなは楽しんでくれるのか、笑ってくれるのか、、、、、、

 

最初の頃、僕はずっと考えていました。

 

 

オリジナルウエディングをすると決めたはいいものの、オリジナルって何?

考えればキリがありません。

 

自分たちらしい式ってどんな式?

 

これは、結婚式を作る過程でも何度となくぶつかる疑問ですが、その度にブレていては成功できません。

 

やりたいことが増えすぎてしまった時、何を基準に選択していいのか分からなくなった時、こんがらがった自分達をリセットしてくれるのが「コンセプト」の存在でした。

 

結婚式に「コンセプト」は絶対必要です。

 

これがあることで、迷った時も最初に決めたイメージを思い出させてくれ、しっかり形にしていくことができます。 

f:id:kaimon315:20171001164854j:plain

困った時の指針ですね。

 

つまりは、

コンセプトさえしっかり決めればその結婚式は成功したも同然です!

ブレません!

 

まだ決めていない人は僕たちの作り方を参考に、二人でとことん話し合ってみてくださいね^^

 

 

◆コンセプトのつくりかた

 

僕たちは次のステップでコンセプトを考えました。

  

 

 

①結婚式で「何を伝えたいのか」を挙げる

デザイナーの友人が

「機能は真似されるけど、コンセプトは真似されにくい」って言ってました。

 

結婚式も、イベントを作るのと同じこと。

商品を作るのと同じ。

 

最初「結婚式は何を表現する場だろうか?」と話し合った時、僕もカオリも答えがまるっきり違ってました。

 

軽いディベートみたいになりつつ(笑)、話し合いに話し合いを重ねて何を伝えたいのか突き詰めた結果、僕たちが表したいのはこれでした。

 

●会場に集ってくれたみんなとずっと繋がっていきたい

●誰もが経験したことのない結婚式にしたい

 

 

なんでもいいと思うんです。

けど何か軸がある方がメッセージが伝わりやすいし面白い気がしますよね!

せっかくの どこまでもこだわれるセルフプロデュースなので!!

 

まずは「結婚式を通して伝えたいこと」を箇条書きにしましょう。

・親や周りにいる人への感謝・愛

・好きな世界観

・人生で選択に迷ったらいつもワクワクする方を選んできた

・友達同士もみんな友達になってほしい

・地元のお酒や食べ物の美味しさ etc…

 

 

②出てきた言葉からキーワードを見つける!

伝えたいことを箇条書きにすると、沢山の言葉が出てきました。

そして、見つけたキーワードは「わ!」という1文字でした。

 

僕たちの結婚式はフェスだったので、

みんなで盛り上がって、みんな式の後でもずっと繋がっていけるような、、、

「輪」

 

前代未聞の結婚式でゲストの度肝抜いてやろうってことで、

僕らが、みんなが、「ワ」クワク!

「わ!」ってびっくりさせるぞ!という感じで。

 

 

③キーワードをもとにタイトルを付ける! 

f:id:kaimon315:20170119233842p:plain

①と②でしっかり話し合ってたので、

タイトルは自然と出来ました。

 

出来上がったタイトルは招待状の一環で作ったWEBサイトに載っけました。

 

 

 

④デザイナーの友人にタイトルを伝えてシンボルマークを創ってもらう!

ラッキーなことに僕の友人にデザイナーの友人がいました。

彼もゲストのひとりなんですが、シンボルマークのデザインをお願いしたところ快諾!

忙しい仕事の合間を縫って何度も案出ししてくれました。

そして出来上がったのがこれ!

最高です!大感謝!!

f:id:kaimon315:20170119235627j:plain

 

⑤ストーリー付きでゲストにコンセプト伝えて、共有!

コンセプトはやっぱり何度も伝えて、ゲストと共有してこそです。

僕たちは、

招待状から、WEBサイト、LINEでのメルマガ、当日のMCまで

しつこいくらい

何度もコンセプトを伝えました。

 

その結果、ゲストのみんなに想いが伝わったかなと思います。

 

 

 

 

 

 

結婚式のコンセプトの作り方についてお話しましたが、

作り方は人それぞれ様々な方法があると思います。

 

ただ、絶対に言えることは

コンセプトはある方がいい!

ある方が面白い!ってことです。

 

 

少しでも考えるときの参考になれば嬉しいです!!!

ヨシキでした m(^^)m

 

 

wedding-fes.hatenablog.com

 

wedding-fes.hatenablog.com