Earthcolor Wedding アースカラーウエディング

アウトドアウエディング,フェスウエディング,セルフプロデュース結婚式,オリジナルウエディング,手作り結婚式,コンセプトウエディングをする人のためのブログ

【料理編①】プランナーなしで結婚式を作る方法

カオリです^^

 

プランナーなしの 完全手作り結婚式 レポ。

今日のテーマは... 『料理』

 

f:id:kaimon315:20170922144746j:plain

料理を手配するための5つのプロセス

これから自分たちで結婚式をつくる2人へ『準備の順番』をアドバイスするとしたら、

 

場所

 ↓

日時

 ↓

料理 です。

 

衣装や装花、カメラマンなんかあとあと(ノД`)

 

なぜかというと、

料理は関連する手配事項が多いから。

 

 

 

関連...する手配...?(´・ω・`)?

 

なに?テーブルクロスの色とか装花イメージとか?

 

f:id:kaimon315:20170922151225j:plain

わくわくわくわく...♡♡♡

 

 

なーんて思った あなた、

甘いです!!!

 

 

 

一般的な結婚式場では絶対悩む事のない、こんな項目。

 

◎冷蔵庫が足りない

⇒ どうやって冷やす?

◎お皿が足りない

買う?レンタルする?

◎配膳スタッフが足りない

⇒ ゲストに協力依頼する?雇う?

 

etc.

 

沢山あるんです(ノД`)・゜・。

 

 

というわけで。

5つのプロセスに分けてみました。

 

-------------------------------------

1.2人の考えやイメージを一致させる
2.会場のキッチン設備 と 電気・ガス・水道の使用可否 の確認 
3.シェフ探し
4.配膳スタッフ探し
5.食器・グラス・カトラリー・ナプキン等の手配

-------------------------------------

 

長くなりそうなので分けて書きますね^^笑

 

 

【1】2人の考えやイメージを一致させる 

f:id:kaimon315:20170923034702j:plain

 

▶︎どんな料理をいくらくらいで提供したいか?

 

まずは2人の目標を統一しましょう。

私たちはこの時点で

相当もめました(笑)

 

 

結婚式出席経験1回のヨシキに対して

10回以上お呼ばれしている私。

 

(こういうところで年の差を感じますねw) 

 

経験上知ってること…

●美味しい料理はゲストテーブルに話題をもたらす

「料理が美味しかったかどうか」が満足度に大きく繋がる

 

だからこそ

料理にはお金を掛けたい!

🙋ビュッフェや卓盛りは面倒に思う人がいるから、コースがいい!と主張。

 

ところがヨシキから返ってきたのは

「高いものが美味しいとは限らなくない?」

 

🙋‍♂️12,000円くらいする有名ホテルのコース料理もあんま美味しくなかったりするし、小さなお店の5,000円コースで大満足したりするでしょ。とな。

 

🙋そりゃそうだけど、結婚式だよ?

アウトドアウェディングで青空レストラン希望ではあるけど、バーベキューとかハンバーガーとかで済ませたくはない(´;ω;`)

ご祝儀の一部は自分の食事代っていうし、料理予算を下げるなら私ご祝儀もらえない。

 

🙋‍♂️大体、高級料理を食べるために結婚式来るわけじゃないでしょ?

そんなの友達っていう?

 

🙋そうじゃないけどさ!!せっかく来てくれる友達だからこそ、ここぞとばかりに美味しいもの食べさせたい(T_T)「来てよかった」と思ってもらいたい。

 

🙋‍♂️お金かければ満足度上がるなんて安易な考え。絶対やだ。

料理が美味しいからって来てよかったと思う?コンテンツが面白い式の方が来てよかったと思うやろ。

 

🙋コンテンツって…

結婚式で面白さ最優先すな

f:id:kaimon315:20170923042508j:plain

 

と、こんな感じで

夜な夜な話し合いは続きました。

 

 

 

---《まず決めること》--- 

 

①イメージを固める

●食事をするスペースや時間帯

(屋外?屋内?どのくらいの広さの場所?昼?夜?)

●テーブルの有無

(立食?座食?席は決まっている?それとも自由席?)

●椅子の有無

(立食だけど椅子だけ置いて自由席とか・ピクニックシートとか)

●コース or ビュッフェ

(全体で1箇所ビュッフェ or 各卓でテーブルビュッフェor前菜だけ卓盛りであとはコース等)

 

②現実的な限界を考える(※依頼先との交渉幅も考えて)

●大体の予算

(初回で伝える予算と最終のギリギリ予算を決めておくと◎)

●飲み物の手配

(料理と同じところに頼むかどうか)

 

---------------------------------------

 

 

こんな感じです。

 

この時、卒花さん達の写真を見ながら話すと

具体的なイメージを共有できるのでより良いと思います^^

 

f:id:kaimon315:20170923041549j:plain

 

ちなみに

▼私達がなんとなく決めたのはこれ

 

●高砂もゲスト席も芝生の校庭に設置

(青空レストランですよ)

●食事は遅めの昼

(当日飛行機入りのゲストの事を考えると時間的にギリギリ)

●テーブル+椅子あり

●コース

●料理予算 5000円

●飲み物は別手配

 

もちろん、

後に色んな都合で変更はありました。

でも、このような観点からイメージを合致させられてよかったと思っています。

 

なぜなら…

無駄な動きが減るから。

 

イメージ違いのまま 見切り発車で動いてしまうと…

どちらかが一生懸命考えて探して、“やっと見つけた” モノに対して 「え、それ(´-`)?」みたいな発言や態度をしてしまいます。

 

そうなると “ やっと見つけた ” 方は、せっかく探したのに何で今さら文句言うの?と思うし、“勝手に動いて1人で決めて…”と思ってしまう相手の気持ちも分かります。。。

 

 f:id:kaimon315:20170923043453j:plain

 

それって、探した時間労力も、気持ちも もったいないですよね(´;ω;`)

 

だからこそ、まず始めに

とことんイメージを近づけてください。

目指すべき方向を合わせてください。

 

 

注意ポイント!

最後にひとつだけアドバイスを。

 

「目的はあくまでイメージ合わせ」

 

写真を見ながら2人で話していると

つい細かい部分に目が行き、どんどん話が盛り上がって脱線しがちです。笑

 

ノートとペンを持って

または

Excelやスプレッドシートを準備し

 

ざっくりしたイメージしっかり決めていきましょう^^

 

☝︎相反してるように見えるけどコレです

 ポイントは。

 

 

 

ではまた次回!

料理編は長くなりそうです(^^;)