【超初心者】 画像の合成、図形、文字など!⑥ photoshopをゼロから学び始めたのでシェアします(最終回)

f:id:kaimon315:20180828183809j:plain

 

さあ!ついに、photoshop基礎の学びシェアの最終回です。

 

第1回からここまで読んでいただいている方は、なんとなくフォトショップがさわれるようになってきたのでは…?と思います。

 

【超初心者】① photoshopをゼロから学び始めたので順序通りシェアします

【超初心者】選択の方法と、調整に関して。② photoshopをゼロから学び始めたのでシェア

【超初心者】 背景切り抜き!?レイヤー!?③ photoshopをゼロから学び始めたので!

【超初心者】 画像を補正して美しく!④ photoshopをゼロから学び始めたのでシェアします

【超初心者】 超便利で楽チン!フォトショップでのレタッチ⑤ photoshopをゼロから学び始めたのでシェアします

 

 

今回は、「シートの新規作成」「図形」「文字」「カーニング」、そして画像の「合成」という感じです。

 

では、早速いってみます。

 

 

 

シートの新規作成

「ファイル」→「新規」で新規の白地のシートを出すことができます。

f:id:kaimon315:20180828220635j:plain

 

今回は、Web用のシートを選択します。

 

f:id:kaimon315:20180828220641j:plain

 

このように白地のシートを出すことができました。

 

図形

長方形ツールを使って図形を描きます。

 

図形を拡大して作業することも多いと思いますが、画面サイズに図形を戻す時は、「手のマーク」、画像を100%の大きさにしたい時は「虫眼鏡マーク」をダブルクリックで一瞬でできるので覚えておくと便利です。

 

f:id:kaimon315:20180828220647j:plain

 

描いた図形の大きさ等を変更したい時は、上の四角の中の数値を調整してもいいですし、図形を選択した状態でコマンド「command + T」を押しても可能です。

 

f:id:kaimon315:20180828220652j:plain

 

 

文字

文字ツールを使って文字入力が可能です。

 

カーニング

私たちが目にするような広告やポスターを見ると、文字間や「!マーク」の間の間隔が調整されていることが多いですが、これを『カーニング』と言います。

 

『カーニング』は、「Alt + ◀︎ or ▶︎」で行うことができます。

 

調整ができたら右上にオレンジで囲っている◯か✖️のマークを押して確定しましょう。

 

f:id:kaimon315:20180828223457j:plain

 

グラデーションオーバーレイ

文字のレイヤーから「fx」というボタンを押して選択できます。

 

f:id:kaimon315:20180828220705j:plain

 

文字の色にグラデーションをつけることができます。

 

f:id:kaimon315:20180828220713j:plain

 

 

ドロップシャドウ

文字に影をつけることができます。

おなじく、文字のレイヤーから「fx」のボタンを押してください。

f:id:kaimon315:20180828220724j:plain

 

 

境界線

文字に境界線(ふち)をつけることができます。

おなじく、文字のレイヤーから「fx」のボタンを押してください。

 

f:id:kaimon315:20180828220742j:plain

 

 

ベゼルとエンボス

ベゼル加工、エンボス加工を施すことができます。

おなじく、文字のレイヤーから「fx」のボタンを押してください。

f:id:kaimon315:20180828220749j:plain

 

 

スポイトツール

ウェブサイトから「この色いいな!」と思う色の「色コード」を調べる方法です。

 

スポイトツールで、展開している画像のどこでもいいので好きな部分をクリックし、クリックを離さずにそのままウェブサイトの好きな色の部分にマウスカーソルを動かします。

この時、カラーピッカーは開いておくようにしてください。

 

今回は、愛用しているアメックス・ゴールドカードの色を調べます。

スポイトがカードの画像の上に来たところでマウスから手を離すと、カラーピッカーにその色が出ています。

 

カラーコードをメモってもいいですし、「スウォッチに追加」をしてもいいです。

「スウォッチに追加」すると、右上のパレットにその色が表示されるようになります。

 

 

f:id:kaimon315:20180828220801j:plain

 

画像の背景の色を、塗りつぶしツールを使って、先ほどの色にしてみます。

 

f:id:kaimon315:20180828220841j:plain

 

 

画像の合成

さあ、最後は合成です。

先ほど作った画像に僕を合成してみます。

 

まず、ファイルから「開く」を押して画像を開き、対象を選択ツールで選択し、背景を消して切り抜きます。

 

※この方法がわからない人は過去の記事で! 

www.earthcolor-wedding.com

 

 

切り抜きができたら、レイヤーを選択し、右クリックして「レイヤーの複製」を選びます。

f:id:kaimon315:20180828220851j:plain

 

レイヤーの複製の「保存先」を先ほど作成した画像にします。

 

f:id:kaimon315:20180828220859j:plain

 

画像が合成されました!!

 

f:id:kaimon315:20180828220906j:plain

 

この方法を応用すれば、曇り空の写真を晴れに変えたり、何もない草原の写真に人を合成したりできますね。

 

 

これで、以上になります。

第1回から今回までの記事の内容を実際にphotoshopをさわりながら実践すれば、ある程度使えるようになると思います。

 

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

途中で出て来たアメックス・ゴールドカードについての記事を書いています。

絶対に得する方法が載っています。ぜひ読んでみてください〜!

www.earthcolor-travel.com